株式会社両毛システムズ

株主・投資家の皆さまへ

平成29年6月
代表取締役社長 秋山 力

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

当連結会計年度におけるわが国経済は、前半は、英国のEU離脱決定の影響等により為替相場は円高基調で推移しましたが、11月の米大統領選以降、円安傾向に推移したことにより、企業収益及び企業の業況判断は改善、設備投資は持ち直しの動きが見られることから、総じて、景気は緩やかな回復基調が続いていると見受けられます。しかしながら、国際情勢が緊迫する中、為替相場は緩やかに円高方向へ推移していることに加えて、米国の金融政策正常化や米政権の政策方針の影響等、景気の先行きは、不透明な状況が続いております。

情報サービス産業におきましては、SaaSの浸透によるクラウド型の利用形態が拡がりを見せる中、ネットワークセキュリティや情報漏洩防止などICTに関わるセキュリティソリューションへの需要の高まり、IoTやビッグデータ利活用の著しい進化による人工知能(AI)など新しい技術を取り入れた新サービスの拡がりなど、ネットワークを基盤とした社会は、今後も急速に進化することが予想されます。

このような状況の中、当社は「RSビジョン2025」という長期ビジョンのもと、更なる成長を遂げる為に、第8次中期経営計画(2017年度-2019年度)では、新価値創造と強みを活かした既存事業の拡大の実現に向け、新分野へ挑戦し、新価値を創造するとともに、構造改革、人材育成に注力してまいります。
また、機関投資家向けの決算説明会等、今後も積極的な情報開示とコミュニケーションの充実を図ってまいります。

皆さまにおかれましては、今後とも引き続き変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

※SaaS(Software as a Service):必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにした利用形態
※クラウド型:インターネットを介し情報サービス企業が提供するサービスを利用する形態
※IoT(Internet of Things):様々なモノがインターネットでつながり、情報をやり取りする仕組み(モノのインターネット)

お問い合わせ
業務のお悩み、セキュリティのお悩み、まずはお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォーム