株式会社両毛システムズ
お問い合わせ

モデルガイドラインチェックツール「Model Dr. MDiA®」

分野:
組込
ソリューション:
ソリューションサービス

Model Dr. MDiAは、MATLAB/Simulinkモデルを各種ガイドラインで診断しモデルの品質を定量化・可視化するツールです。
診断結果から品質改善、定期的な診断による品質変化の把握が可能となりモデル品質の向上と維持が実現できます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 大量なモデルを、目視でチェックするのに限界を感じている
  • ガイドライン通りにモデルが作成できているか不安
  • エンジニアごとにモデルの書き方が様々で、統一されていない
  • モデル作成には、数多いガイドラインを「覚える」必要があるため、育成に時間がかかる
  • ガイドラインに沿ったモデルかの「チェック」に時間がかかり、思うように生産性が上がらない

Model Dr. MDiAで解決!!

チェック工数減による生産性向上
チェックで要していた時間を、本来のモデル作成に活用できます。
目視確認に比べ、精度の高いチェックが実施され、手戻りを少なくできます。
チェック工数減による生産性向上
モデルエンジニアの育成を促進
違反箇所については、説明等で分かりやすく表示されるため、ガイドラインに沿ったモデルの作成方法を習得できます。
モデルエンジニアの育成を促進
標準化されたモデルによる品質向上
モデルのチェックを通して、標準化されたモデルができるようになります。モデルの作成方法を統一し、異なる設計者同士で共通の理解を容易に得られます。エンジニアのスキルに左右されないチェックを実現し、高い品質を確保できます。
標準化されたモデルによる品質向上

主な機能

スタイルガイドチェック
JMAAB 制御モデリングガイドライン 対応
ユーザー独自のガイドラインも追加できるため、現場に合わせた導入が可能です。 独自ガイドライン開発/既存ガイドラインインポートのサービスもございます。※別途契約となります。
スタイルガイドチェック
自動診断
ガイドラインに基づいて診断した結果が一覧表示されます。違反箇所については、違反内容の詳細説明と該当ブロックが表示され、修正作業を容易にできます。また、一部のガイドラインについては自動修正に対応しているため、自動化による工数の削減が期待できます。
自動診断
チェックレポートの自動生成
診断結果はレポート(HTML形式)として自動生成されます。HTML形式の他に、修正履歴管理などデータ処理の為のテキスト出力も可能なため、様々な場面でご活用が可能です。
チェックレポートの自動生成
モデルの差分比較機能
修正後モデルと修正前モデルの差分比較を行う事が可能、比較リストの出力もできます。 バージョン間の変化点が一目で確認できます。
モデルの差分比較機能

仕様

対応ガイドライン JMAAB制御モデルガイドライン Ver.6 チェック項目数:279 自動修正対応:44
動作環境:MATLAB R2015aSP1 ~ R2021a
JMAAB制御モデルガイドライン Ver.5 チェック項目数:269 自動修正対応:44
動作環境:MATLAB R2010bSP2 ~ R2018a
dSPACE TargetLinkガイドライン Ver.4 動作環境:MATLAB R2009b ~ R2016b TargetLink 3.1 ~ 4.2

ご利用期間中は、JMAAB制御モデルガイドラインをはじめ、新規に追加されるガイドラインを含むアプリケーションは無償でバージョンアップ可能です。

ライセンス形態 以下の2種類の方式でライセンスを提供いたします。
  • ノードロックライセンス(スタンドアローン・ライセンス)
  • フローティングライセンス(ネットワーク・ライセンス)
動作環境 Microsoft Windows8.1
Microsoft Windows10
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019
Microsoft.NET Framework 4.6.1(互換性のあるバージョン含む)
他、Microsoft Office、MATLAB、TargetLink等の実行可能な環境

※記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

※記述内容は、2021年12月時点のものであり、実際の製品とは異なる場合があります。

※Model Dr. MDiA®の販売店はガイオ・テクノロジー(株)となります。