株式会社両毛システムズ
お問い合わせ

自動車部品メーカー向けテンプレート RAIC

分野:
製造
ソリューション:
ソリューションサービス

自動車部品製造業さまの生産管理システム導入をサポート

生産管理システムに対して、自動車メーカーからの受注取込・出荷処理や、取引先への購買発注処理などをサブシステムとして構築しております。
これらをテンプレートとして利用することで、機能要件の検討期間や開発期間の短縮が図れます。
これらのテンプレート群をRAIC(ライク:RS Automotive Industry Connector)といいます。
また、これらのテンプレート群は、SAP/ERPや他の基幹システムとの連携により、日本の自動車部品製造業さまを強力にサポートいたします。

RAIC Web EDI マスタ管理 受注・出荷

※1.基幹システムはごく標準的な使い方として運用し、自動車部品業界特有の商習慣への対応は、サブシステムとして基幹システムの外で実現しています。

※2.この実現のためには複数のソフトウェアベンダー所有の製品を組み合わせて構成しています。

導入期間の大幅な短縮

要件定義~仕様設計~開発・テストの工程を大幅に短縮できます

導入期間の大幅な短縮

受注・出荷

受注・出荷EDI対応サブシステム

国内自動車メーカーに対応した受注EDI取込み処理
得意先毎のパターンに応じた内示・確定の自動差替
便単位での管理と客先指定帳票への対応
出荷承認ワークフローと現品チェック機能による誤納入の防止

サブシステム化

日本の自動車メーカーや二次メーカーでは、各社の仕組みとして発注・受入の仕組みを構築・運用しており、標準化はあまり進んでいないのが現状です。JNXというプロトコル、JAMA形式の現品票などが標準となってきているが、その中身は統一されておらず毎年数社が仕様を変更しています。そのため部品メーカーはその仕様変更に追従していかなければなりません。
当社テンプレートではこの客先対応を基幹システムの外に切り出し、個々の仕様に合わせて柔軟に対応できるようサブシステム化しています。

受注情報の取込み

客先 情報種 EDI
A社 所要量予定 EDIFACT
搬入指示 EDIFACT
B社 内示注文 EDIFACT
確定注文 EDIFACT
C社 旬間注文 固定長
時間注文 固定長
D社 デイリー内示 固定長
デイリー確定 固定長

出荷品質の保証

受注側帳票イメージ(受注エラーと正常終了)

受注側帳票イメージ(受注エラーと正常終了)

出荷側帳票イメージ(出荷指示書と送り状)

出荷側帳票イメージ(出荷指示書と送り状)

購買Web-EDI対応

自動車部品製造業さま向けWeb-EDI

基幹システムから様々なデータを受取ることにより、取引先さま用にデータ加工を行います。基幹システムにて帳票イメージを作成する必要はありません。取引先さまからのデータ要求も可能です。
また、自動車部品業界特有の、取引先さまからの支給要求や、棚卸実績の入力などの機能が豊富です。

帳票発行、仕分、送付作業などにかかる工数・コストを削減
発注情報などの伝達時間を短縮
自社導入可能なので、追加ユーザライセンス費用が不要
生産管理システムから内示情報・発注情報を取込み、帳票・データ配信

帳票・データ配信

帳票・データ配信

例)日次所要量予定、確定注文、日次支給予定、検収明細、支給明細、納品書、現品票、棚札など

データ連携

データ連携

例)取引先さまが登録した支給要求依頼・支給品入庫実績・支給品棚卸実績を生産管理システムに連携

機能

ログイン ログインID、パスワードにより利用者認証を行い、システムへの不正アクセスを防ぎます。
メニュー管理 利用者に与えられた権限により利用可能なメニュー項目を表示します。
配信データ作成 【自動】取引先さまで設定した生成ルールに従って、指定時間に帳票やデータの生成を行います。
【手動】データ要求に基づき、配信用データを作成(PDF、CSV、固定長データ等)。
新着・督促メール発信 データセット後の新着メール、及びダウンロード督促メールの発信をします。
支給の依頼
棚卸データ入力
支給品の依頼を取引様から行えます。
また、支給品の資産管理として取引先さまから棚卸結果の入力を行います。
FAX送信 外部FAXサービスを使い、取引先様のFAXに帳票の送信を行います。(別途通信費が必要です)
文書ファイル交換 見積書などのビジネス文書についても、ファイル交換を双方向で行えます。
ログ管理 システムへのアクセスログ、データ送受信ログ、データ削除ログの各ログをデータベースに登録します。
データ管理 データベースに登録されたEDIデータは保存期間を設定できます。
保存期間を過ぎたEDIデータはシステムにより自動で削除できます。

支給予定サンプル

支給予定サンプル

受入状況サンプル

受入状況サンプル

棚卸確認書サンプル

棚卸確認書サンプル

棚卸サンプル

棚卸サンプル

マスター管理

帳票発行、仕分、送付作業などにかかる工数・コストを削減
発注情報などの伝達時間を短縮
自社導入可能なので、追加ユーザライセンス費用が不要

マスター管理

機能

トリガー管理 プッシュ型通知により、処理忘れ・漏れを回避することで短期間で入力をを完結することが可能
アクセス制御 自部門が入力を行わなければならない項目のみ入力が行えることで、誤って他部門のデータを入力・修正してしまうことを抑制
見える化 他部門の進捗状況を確認することが可能となり、周りから催促することが可能
ルート制御 予め設定したルートで回覧を行うことで効率よく登録を実施することが可能
項目チェック制御 入力する項目を必須設定したり、マスタ登録値から選択することで、誤りを抑えることが可能
利用者別設定 自身が利用する表示方法を登録することで、効率よく入力することが可能

その他ERPシステムの補完機能

アドオン一覧

ERP

販売状況ダウンロード 受注先毎の販売状況を金額別や受注数量別などの切り口でERPよりダウンロードする。
条件マスタ登録 エクセルで作成した販売価格情報を一括で条件マスタへ登録する。
受注検索 受注伝票や分納契約伝票を一度に検索でき、未出荷・出荷済未請求・請求済といった各ステータス毎に絞り込んだ検索も可能。
請求書 受注先毎の請求書。
遡及処理 購買発注伝票の単価を一括で更新し、遡及対象伝票については再評価処理を行う。
外注品購買発注作成 外注品目の購買発注を作成する。(支給元プラントと外注品入庫プラントの制約回避)
Sim発注計画データ作成 シミュレーションMRPで展開された購買予定情報のデータ作成を行う。
生産部品表照会 生産部品表の多段階展開機能。
プラント間を跨いで製品から部品、材料まで一気通貫で表示。
勘定科目登録 勘定科目の新規登録を行う。(対象データをEXCELにて作成し、アップロードする)
自動入金消込処理 支払基準日、ソートキー、参照キーをもとに売掛債権の明細消し込みを行う。
マニュアル入金消込 自動入金照合処理で出力されたエラーファイルを訂正し、エラー分のみをアップロードして消し込み処理をする。
受給品消込情報設定 受給品相殺で相殺対象を選択するために必要な情報(品番、数量、単価)を買掛金明細に設定する。
未収入金振替処理
(有償支給)
有償支給取引を行っている仕入先ごとに、「未収入金有償支給」勘定残高を「買掛金有償支給控除」勘定に振替える。その際「未収入金有償支給」勘定を決済する。
他勘定振替仕訳の転記 他勘定振替仕訳の会計伝票を起票する。
支払先別残高ダウンロード 仕入先/支払期日別の残高をダウンロードする。
ファクタリング対象データ抽出処理 ファクタリング支払データを作成し、ファクタリング会社への債務振替伝票転記用データを作成する。
仕訳インターフェース 標準バッチインプットプログラムに使用するファイルを生成する。
金型償却費計算 金型処理対象品目別の個別償却費を算出する。
三分割処理 三分割基準情報を抽出し、三分割処理を行なう。三分割結果を会計伝票で起票する。
生産実績転記 入庫数量、標準原価、品目マスタを参照し、配賦基準として利用する品目階層(機種)別の生産実績を集計する。
個当り単価登録 個当り単価をR/3品目マスタの項目に登録する。
リソースドライバのアップロード Excelシートに集計されたリソースドライバ量を利用して、業務プロセスに対する活動配分を登録する。
アクティビティドライバのアップロード Excelシートに集計されたアクティビティドライバ量を利用して、収益性セグメントに対する活動配分を登録する。
生産実績アップロード 品目階層(機種)別の生産実績を配賦基準として収益性分析にアップロードする。
貸与金型償却費の登録 貸与金型の品目あたり償却費をMM条件タイプに登録する。

受注EDI

受注伝票登録 受注EDIサブシステムで作成された確定情報をERP受注伝票へ登録する。
分納契約伝票登録 受注EDIサブシステムで作成された内示情報をERP分納契約伝票へ登録する。
受注変換処理 得意先の受注データを自社品番に変換しERPへ取り込む。
設変受注処理 設変前の品番で登録されている変換マスタを基に、自動的に設変後の品番の変換マスタを作成する。同時に設変前の品番で登録されている受注情報を自動的に設変後の品番に置き換える。
出荷日計算 出荷手番情報や輸出出船カレンダより工場出荷日や出船日を自動計算する。
リトライ マスタ変更が行われた受注情報についてマスタの再読み込みを行い、最新のマスタ情報へ受注情報を自動的に更新する。
自動キャンセル処理 得意先ごとの内示発生パターンを考慮し不要内示データの削除を行う。

出荷管理

出荷状況検索 ピッキング済・出荷済等の各ステータス毎に出荷状況検索が可能。
出荷伝票登録 出荷管理サブシステムで作成された出荷情報をERP出荷伝票へ登録する。

仕入先EDI

発注予定データ作成 購買依頼データを仕入先配信用の発注予定データとして作成する。(週次・月次対応可能)
支給予定データ作成 支給予定データを仕入先配信用の支給予定データとして作成する。
注文データ作成 購買発注データを仕入先配信用のデータとして作成する。
日次検収データ作成 日々検収された実績データを仕入先配信用データとして作成する。
日次支給データ作成 日々支給を行った実績データを仕入先配信用データとして作成する。
月次検収データ作成 仕入先・月別の検収明細書、支給明細、相殺明細、請求書の仕入先配信用データとして作成する。

需要計画

所要量自動立案 受注データから独立所要を自動で作成する。

MES/POP

生産計画変更 生産計画の見直しで品目毎に計画手配や購買依頼をまとめて変更可能。
生産順序計画作成 ラインごとに1日の生産順序を設定する。
生産進捗確認 ラインごとに生産進捗をガントチャートで表示する。
現品票機能 工場における現品管理、在庫受払の簡易化を実現する。
生産計画照会 MRP管理者単位に日別/月別、作業区別/仕入先別など計画数量を表示する。

帳票一覧

ERP

請求書 受注先毎の請求書。
得意先別債権管理表 得意先別の取引ごとの合計金額および債権残高一覧を出力している。
仕入先別買掛金一覧表 仕入先別の取引ごとの合計金額および債務残高一覧を出力している。
売掛金補助元帳 売上計上に関する補助簿。
買掛金補助元帳 買掛計上に関する補助簿。
関係会社棚卸一覧 関係会社より仕入分の棚卸実績データを出力している。
会計伝票印刷 各伝票起票毎に会計伝票を仕訳イメージで出力する。
貸借対照表 貸借対照表を照会する。
損益計算書 損益計算書を照会する。
製造原価報告書 製造原価報告書を照会する。
総勘定元帳 総勘定元帳を照会する。
固定資産台帳 固定資産台帳を照会する。
標準原価一覧表 リリースされた標準原価及び原価構成明細を一覧作成する。
原単位表 品番別の部品原価の内訳表(部品構成親レベル)。
製造原価明細ダウンロード 品目階層別品目別に生産数、製造原価等をダウンロードする。
材料費明細ダウンロード 品目階層別品目別に生産数、材料費等をダウンロードする。
加工費明細ダウンロード 品目階層別品目別に生産数、加工費等をダウンロードする。
支給差異ダウンロード 支給価格差異を仕入先別品目別にダウンロードする。
原価計算勘定図表 勘定連絡図、仕入明細、評価クラス違いの会計伝票の情報をダウンロードする。
損益計算書
(機種/得意先/営業部門)
機種別、得意先別、営業部門別の損益計算書を照会する。
部門別アクティビティ明細 部門別のアクティビティ明細をダウンロードする。
アクティビティ別実績推移表 アクティビティ別の実績推移表をダウンロードする。
工場採算表ダウンロード 経費情報、機種別採算情報、原価センタ別採算情報をダウンロードする。
製品評価損ダウンロード 製品(部品)の在庫保有期間により、評価損を計上するための金額一覧を作成する。
原価差異カテゴリ明細ダウンロード 指図ごとに材料費と加工費を分離し各目標と実績及び差異カテゴリ別金額をダウンロードする。

受注EDI

受注一覧表 取り込まれた受注情報の一覧表が作成される。また、内示が確定に置き換わった場合や、確定情報が変更された場合などには、前回数量と今回数量との差が+-で表示される。

仕入先EDI

注文書 仕入先への発注注文書
納品書 仕入先が納入する際に添付する納品書
現品票 仕入先が納入する際に現品に添付する現品票
検収明細 月次仕入先別の検収明細書
支給明細 月次仕入先別の支給明細書
相殺明細 月次仕入先別の相殺明細書
請求書 月次仕入先別の請求書

MES/POP

転送票/受取票 プラント間転送で使用する転送票及び受取票
支給票 仕入先に支給する際に使用する支給票
入庫予定表発行 仕入先や他プラントからの入庫される予定品目の一覧
出庫予定一覧発行 他プラントへの出庫する予定品目の一覧
作業依頼書 製造日、作業区単位の作業依頼一覧表
現品票 現品管理や在庫受払時のデータ作成
必送品一覧 本日の生産出荷分(品目、生産数量)を一覧形式で出力